概要

  • 競馬場:東京競馬場
  • 発走日時:2011年5月8日(日)15時40分
  • 距離:1600m
  • 天気:晴
  • 馬場状態:芝・良
  • 優勝馬:グランプリボス

全着順

着順 枠番 馬番 馬名 性齢 人気 斤量 騎手 タイム 着差 上り
(推定)
馬体重
(増減)
調教師 馬主
1 7 13 グランプリボス 牡3 1 57 C.ウィリアムズ 1:32.2 34.0 500
(-6)
矢作芳人
(栗東)
グランプリ
2 8 17 コティリオン 牡3 2 57 小牧太 1:32.4 1 1/2 33.4 468
(-2)
橋口弘次郎
(栗東)
金子真人
ホールディングス
3 1 1 リアルインパクト 牡3 4 57 内田博幸 1:32.5 3/4 34.2 496
(+2)
堀宣行
(美浦)
キャロットファーム
4 2 3 エイシンオスマン 牡3 7 57 後藤浩輝 1:32.6 3/4 34.7 470
(+8)
松永昌博
(栗東)
平井豊光
5 4 8 プレイ 牡3 8 57 柴田大知 1:32.7 クビ 34.8 492
(-4)
斎藤誠
(美浦)
岡田繁幸
6 3 5 マイネルラクリマ 牡3 16 57 松岡正海 1:32.7 ハナ 34.1 464
(-2)
上原博之
(美浦)
サラブレッドクラブ
・ラフィアン
7 8 18 オメガブレイン 牡3 14 57 横山典弘 1:32.8 1/2 33.9 440
(-2)
古賀慎明
(美浦)
原礼子
8 5 10 フォーエバーマーク 牝3 11 55 吉田豊 1:32.9 1/2 35.3 488
(0)
矢野英一
(美浦)
青山洋一
9 2 4 エーシンジャッカル 牡3 3 57 岩田康誠 1:33.1 1 1/2 34.5 450
(-4)
高野友和
(栗東)
栄進堂
10 7 14 アイヴィーリーグ 牡3 6 57 福永祐一 1:33.1 クビ 34.6 454
(-4)
中尾秀正
(栗東)
近藤英子
11 8 16 アドマイヤサガス 牡3 15 57 川田将雅 1:33.2 クビ 34.2 516
(+2)
橋田満
(栗東)
近藤利一
12 5 9 ヘニーハウンド 牡3 5 57 N.ピンナ 1:33.3 1/2 35.2 494
(-2)
矢作芳人
(栗東)
林正道
13 6 12 キョウエイバサラ 牡3 18 57 小林慎一郎 1:33.5 1 1/2 34.8 506
(+2)
矢作芳人
(栗東)
田中晴夫
14 6 11 テイエムオオタカ 牡3 12 57 大庭和弥 1:33.7 1 1/2 35.6 470
(0)
石栗龍彦
(美浦)
竹園正繼
15 3 6 ダンスファンタジア 牝3 9 55 北村宏司 1:34.3 3 1/2 36.0 450
(-2)
藤沢和雄
(美浦)
社台レースホース
16 4 7 クリアンサス 牝3 10 55 武豊 1:34.4 1/2 36.6 472
(0)
松永幹夫
(栗東)
サンデーレーシング
17 7 15 ロビンフット 牡3 13 57 吉田隼人 1:34.8 2 1/2 36.5 488
(-4)
堀井雅広
(美浦)
桐谷茂
18 1 2 リキサンマックス 牡3 17 57 柴原央明 1:35.4 3 1/2 37.3 440
(+4)
昆貢
(栗東)
ハイパワー商事

払戻金詳細

単勝 13 460円 1番人気
複勝 13 170円 1番人気
17 180円 2番人気
1 190円 4番人気
枠連 7-8 720円 2番人気
馬連 13-17 1,170円 1番人気
ワイド 13-17 530円 2番人気
1-13 520円 1番人気
1-17 650円 6番人気
馬連 13-17 2,160円 1番人気
3連複 1-3-17 2,040円 1番人気
3連単 13-17-1 7,920円 1番人気

備考

前年の2歳王者・グランプリボスが、1番人気に応えて優勝しました。

道中は、中団の馬群の中でレースを進めます。
最後の直線でも、馬群の中で前が壁になる状態となりますが、直線半ばで外に持ち出され、そこから一気に加速。

馬場の真ん中を突き抜けるように鋭く伸びて、先行する馬を交わし先頭に立ちます。
最後方待機から追い込んできた2番人気のコティリオンが、大外から急襲しますが、これを1馬身半退けて快勝しました。

この年に入って重賞2連敗で、評価を落としていましたが、大一番を見事に勝利し、G1・2勝目を記録。
奇しくも、父・サクラバクシンオーが8日前に急死し、亡き父に捧げる勝利ともなりました。

また、この年の安田記念、後にオーストラリアのジョージライダーステークスを制することになる、リアルインパクトも内から猛追し、コティリオンから3/4馬身差の3着に入っています。