概要

  • 競馬場:阪神競馬場
  • 発走日時:2021年4月4日(日)15時40分
  • 距離:2000m
  • 天気:雨
  • 馬場状態:芝・重
  • 優勝馬:レイパパレ

全着順

着順 枠番 馬番 馬名 性齢 人気 斤量 騎手 タイム 着差 上がり
(推定)
馬体重
(増減)
調教師 馬主
1 6 8 レイパパレ 牝4 4 55 川田将雅 2:01.6 36.8 422
(-2)
高野友和
(栗東)
キャロットファーム
2 1 1 モズベッロ 牡5 6 57 池添謙一 2:02.3 4 36.8 486
(+2)
森田直行
(栗東)
キャピタル・システム
3 5 7 コントレイル 牡4 1 57 福永祐一 2:02.5 3/4 37.4 472
(+16)
矢作芳人
(栗東)
前田晋二
4 8 12 グランアレグリア 牝5 2 55 C.ルメール 2:02.5 クビ 37.4 496
(-6)
藤沢和雄
(美浦)
サンデーレーシング
5 2 2 サリオス 牡4 3 57 松山弘平 2:02.7 1 1/4 37.7 538
(0)
堀宣行
(美浦)
シルクレーシング
6 7 10 カデナ 牡7 11 57 鮫島克駿 2:03.0 1 3/4 37.2 484
(+8)
中竹和也
(栗東)
前田幸治
7 3 3 アーデントリー 牡5 12 57 和田竜二 2:03.3 2 37.7 460
(+4)
川村禎彦
(栗東)
巴山尊文
8 4 4 ブラヴァス 牡5 10 57 三浦皇成 2:04.0 4 38.2 488
(-4)
友道康夫
(栗東)
佐々木主浩
9 8 13 アドマイヤビルゴ 牡4 7 57 岩田望来 2:04.1 1/2 38.6 428
(0)
友道康夫
(栗東)
近藤旬子
10 4 5 ペルシアンナイト 牡7 9 57 幸英明 2:04.2 1/2 38.4 498
(-2)
池江泰寿
(栗東)
G1レーシング
11 6 9 クレッシェンドラヴ 牡7 8 57 内田博幸 2:04.7 3 39.3 498
(-2)
林徹
(美浦)
広尾レース
12 5 6 ワグネリアン 牡6 5 57 吉田隼人 2:05.2 3 39.9 472
(0)
友道康夫
(栗東)
金子真人
ホールディングス
13 7 11 ハッピーグリン 牡6 13 57 団野大成 2:11.9 大差 45.6 466
(-6)
森秀行
(栗東)
会田裕一

払戻金詳細

単勝 8 1,220円 4番人気
複勝 8 230円 4番人気
1 420円 6番人気
7 110円 1番人気
枠連 1-6 16,360円 22番人気
馬連 1-8 19,080円 29番人気
ワイド 1-8 2,750円 24番人気
7-8 390円 4番人気
1-7 850円 8番人気
馬単 8-1 37,610円 43番人気
3連複 1-7-8 7,240円 20番人気
3連単 8-1-7 106,210円 174番人気

備考

前年、無敗でクラシック3冠を達成したコントレイルが、1番人気に支持されました。
そして、前年G1を3勝している短距離女王・グランアレグリアが中距離戦に参戦し、あまり差のない2番人気と続きました。

この2頭の一騎打ちムードが高まり、大きな注目を集めました。

ところが、ところが…
レースは意外な展開を迎えます。

4番人気のレイパパレが先手をとって進むなか、3番人気のサリオスが2番手を追走。
グランアレグリアが5番手の好位につけ、対してコントレイルは中団に位置します。

重馬場では早いペースとなったなか、3コーナーを過ぎたあたりからレースが動きます。
コントレイルが一気に前方に進出すると、その内からグランアレグリアも合わせて並走する形となります。
さらにもサリオスも動き、レイパパレも先頭をキープし、人気4頭が固まる状態。

最後の直線に入ると、レイパパレが先頭で粘り、これを各馬が追う展開。
最内のサリオス、真ん中からグランアレグリア、外からコントレイルが懸命に追いすがりますが。
先頭を走るレイパパレは、直線半ばからさらに突き抜け、後続を引き離していきます。
コントレイルもグランアレグリア、サリオスも思ったほど伸びに欠け、逆に大外から一気にやってきたモズベッロにも交わされます。
結果、レイパパレがそのままゴールインし、2着に入ったモズベッロに4馬身差をつける圧勝となりました。

レイパパレはデビューから無傷の6連勝で、G1初制覇を果たしました。

あまりの強さに、実況席も驚きを隠せない様子。
デビューから無敗で大阪杯を迎え、ちょっと不気味な存在でしたが。
私も実際にレースを観ていましたが、何じゃ、この牝馬は!?と、かなりの衝撃でした。

注目されたコントレイルとグランアレグリアは、結局3着と4着。
サリオスは何とか5着に粘りました。

なお、3年前のダービー馬・ワグネリアンは、12着に大敗しました。