概要

  • 開催日:2021年12月28日(火)15時25分
  • 競馬場:中山競馬場
  • 距離:2000m
  • 天気:晴
  • 馬場状態:芝・良
  • 優勝馬:キラーアビリティ

全着順

着順 枠番 馬番 馬名 性齢 人気 斤量 騎手 タイム 着差 上り
(推定)
馬体重
(増減)
調教師 馬主
1 3 5 キラーアビリティ 牡2 2 55 横山武史 2:00.6 35.8 468
(-2)
斉藤崇史
(栗東)
キャロットファーム
2 5 8 ジャスティンパレス 牡2 4 55 C.デムーロ 2:00.8 1 1/2 35.7 450
(0)
杉山晴紀
(栗東)
三木正浩
3 2 3 ラーグルフ 牡2 8 55 丸田恭介 2:01.0 1 1/4 36.0 496
(+14)
宗像義忠
(美浦)
村木隆
4 7 13 フィデル 牡2 7 55 川田将雅 2:01.1 3/4 35.4 476
(-2)
友道康夫
(栗東)
エムズレーシング
5 5 9 ボーンディスウェイ 牡2 10 55 石橋脩 2:01.1 アタマ 36.5 494
(+4)
牧光二
(美浦)
平田修
6 6 10 マテンロウレオ 牡2 9 55 横山典弘 2:01.1 ハナ 35.6 478
(+4)
昆貢
(栗東)
寺田千代乃
7 2 2 アケルナルスター 牡2 12 55 柴田大知 2:01.1 ハナ 35.1 454
(0)
清水英克
(美浦)
永見貴昭
8 1 1 シェルビーズアイ 牡2 13 55 松田大作 2:01.3 1 36.0 472
(0)
武英智
(栗東)
桑田牧場
9 3 4 グランドライン 牡2 11 55 三浦皇成 2:01.4 1 37.1 514
(0)
高木登
(美浦)
ラ・メール
10 8 15 アスクワイルドモア 牡2 5 55 武豊 2:01.5 3/4 35.7 474
(+12)
藤原英昭
(栗東)
廣崎利洋HD
11 7 12 オニャンコポン 牡2 6 55 菅原明良 2:01.7 1 1/4 36.8 474
(+4)
小島茂之
(美浦)
田原邦男
12 4 6 コマンドライン 牡2 1 55 C.ルメール 2:01.8 クビ 36.3 530
(+8)
国枝栄
(美浦)
サンデーレーシング
13 4 7 サトノヘリオス 牡2 3 55 岩田望来 2:01.8 クビ 36.5 478
(+6)
友道康夫
(栗東)
サトミ
ホースカンパニー
14 6 11 クラウンドマジック 牡2 15 55 岩田康誠 2:02.2 2 35.8 510
(+8)
加用正
(栗東)
協栄
15 8 14 タイラーテソーロ 牡2 14 55 内田博幸 2:03.0 5 37.9 476
(+4)
栗田徹
(美浦)
了徳寺健二
ホールディングス

払戻金詳細

単勝 5 310円 2番人気
複勝 5 140円 1番人気
8 240円 4番人気
3 490円 8番人気
枠連 3-5 1,130円 5番人気
馬連 5-8 1,270円 5番人気
ワイド 5-8 510円 5番人気
3-5 1,100円 10番人気
3-8 2,270円 25番人気
馬単 5-8 2,160円 6番人気
3連複 3-5-8 7,680円 24番人気
3連単 5-8-3 27,610円 66番人気

備考

新馬戦、サウジアラビアロイヤルカップを2連勝した、コマンドラインが1番人気に支持されましたが、直線で全く伸びずに、まさかの12着に大敗しました。

優勝したのは、2番人気のキラーアビリティでした。
道中3番手の好位でレースを進め、直線半ばで一気に抜け出し先頭に躍り出ます。
そのまま突き抜けた形でゴールインし、2着に入ったジャスティンパレスに1馬身半差をつけて完勝。
勝ちタイム2:00.6は、G1昇格後のレースレコードを記録しました。

また、鞍上の横山武史騎手は、この勝利で、この年G1・5勝目を記録しています。