概要

  • 開催日:2012年11月4日(日)15時45分
  • 競馬場:京都競馬場
  • 距離:1800m
  • 天気:晴
  • 馬場状態:ダート・良
  • 優勝馬:ローマンレジェンド

全着順

着順 枠番 馬番 馬名 性齢 人気 斤量 騎手 タイム 着差 上り
(推定)
馬体重
(増減)
調教師 馬主
1 1 2 ローマンレジェンド 牡4 1 57 岩田康誠 1:49.6 36.7 506
(+2)
藤原英昭
(栗東)
太田美實
2 4 8 ニホンピロアワーズ 牡5 3 58 酒井学 1:49.6 クビ 37.0 536
(+11)
大橋勇樹
(栗東)
小林百太郎
3 3 6 ホッコータルマエ 牡3 5 55 幸英明 1:49.7 クビ 37.1 490
(-6)
西浦勝一
(栗東)
矢部幸一
4 2 3 タガノロックオン 牡4 11 56 川田将雅 1:49.8 3/4 36.4 514
(0)
松田博資
(栗東)
八木良司
5 2 4 グラッツィア 牡4 12 56 和田竜二 1:49.9 3/4 36.8 488
(+4)
角居勝彦
(栗東)
山本英俊
6 7 13 グレープブランデー 牡4 4 58 M.デムーロ 1:50.0 1/2 37.1 528
(+4)
安田隆行
(栗東)
社台レースホース
7 5 9 フサイチセブン 牡6 8 57 福永祐一 1:50.4 2 1/2 38.0 492
(+2)
松田国英
(栗東)
林進
8 6 12 ナイスミーチュー 牡5 6 57 藤田伸二 1:50.9 3 37.2 504
(+2)
橋口弘次郎
(栗東)
ダノックス
9 4 7 リバティバランス 牡5 15 56 秋山真一郎 1:51.0 クビ 37.0 550
(-4)
堀宣行
(美浦)
吉田千津
10 7 14 ハタノヴァンクール 牡3 2 57 四位洋文 1:51.1 1/2 37.7 498
(+5)
昆貢
(栗東)
グッドラック・
ファーム
11 8 16 ファリダット 牡7 7 56 佐藤哲三 1:51.3 1 1/2 37.7 482
(-2)
松元茂樹
(栗東)
前田幸治
12 3 5 メダリアビート 牡6 16 56 太宰啓介 1:51.4 1/2 37.9 476
(+6)
岡田稲男
(栗東)
門野重雄
13 5 10 オースミイチバン 牡3 10 56 川島信二 1:51.4 アタマ 38.1 502
(-2)
荒川義之
(栗東)
オースミ
14 1 1 サンライズモール 牡5 13 56 川須栄彦 1:51.6 1 1/4 39.5 480
(-4)
石坂正
(栗東)
松岡隆雄
15 8 15 メイショウエバモア 牡5 14 56 池添謙一 1:52.1 3 38.7 530
(+4)
池添兼雄
(栗東)
松本好雄
16 6 11 ヒラボクキング 牡5 9 57 藤岡佑介 1:52.6 3 39.9 522
(-16)
大久保龍志
(栗東)
平田牧場

払戻金詳細

単勝 2 130円 1番人気
複勝 2 110円 1番人気
8 220円 3番人気
6 340円 5番人気
枠連 1-4 620円 2番人気
馬連 2-8 680円 2番人気
ワイド 2-8 280円 2番人気
2-6 440円 4番人気
6-8 1,660円 17番人気
馬単 2-8 890円 2番人気
3連複 2-6-8 2,460円 7番人気
3連単 2-8-6 6,610円 18番人気

備考

前走エルムステークスを含む5連勝中のローマンレジェンドが、断然の1番人気に応えて優勝しました。

最後の直線で、前をとらえ、ニホンピロアワーズをクビ差差し切って勝利。

重賞2つを含む6連勝をあげました。

後に日本競馬史上初となるGI(JpnI)10勝を果たした、ホッコータルマエは3着に入線。

翌年のフェブラリーステークスを制することになる、グレープブランデーは6着。

前走ジャパンダートダービーを勝利し、2番人気に支持されたハタノヴァンクールは、10着に大敗しました。