概要

  • 開催日:1989年4月9日(日)15時35分
  • 競馬場:阪神競馬場
  • 距離:1600m
  • 天気:晴
  • 馬場状態:芝・稍重
  • 優勝馬:シャダイカグラ

全着順

※馬齢は全て現在の表記で統一しています。

着順 枠番 馬番 馬名 性齢 人気 斤量 騎手 タイム 着差 上り
(推定)
馬体重
(増減)
調教師 馬主
1 8 18 シャダイカグラ 牝3 1 55 武豊 1:37.5 50.1 446
(-8)
伊藤雄二
(栗東)
米田茂
2 2 4 ホクトビーナス 牝3 6 55 柴田善臣 1:37.5 アタマ 50.3 466
(-6)
中野隆良
(美浦)
金森森商事
3 6 13 タニノターゲット 牝3 4 55 小島貞博 1:38.2 4 51.4 444
(-4)
戸山為夫
(栗東)
谷水雄三
4 5 11 ヤマフリアル 牝3 9 55 村本善之 1:38.3 1/2 50.5 444
(0)
小林稔
(栗東)
山田英男
5 4 7 エイシンウイザード 牝3 10 55 南井克巳 1:38.5 3/4 51.2 490
(0)
太宰義人
(栗東)
平井豊光
6 3 5 アイドルマリー 牝3 2 55 田原成貴 1:38.7 1 1/4 51.7 406
(-10)
浜田光正
(栗東)
社台レースホース
7 3 6 ファンドリポポ 牝3 5 55 西浦勝一 1:38.9 1 1/2 50.9 454
(-4)
夏村辰男
(栗東)
水戸富雄
8 4 8 ライトカラー 牝3 7 55 田島良保 1:39.1 3/4 51.4 432
(0)
清田十一
(栗東)
伊藤照三
9 7 16 ヤンゲストシチー 牝3 8 55 本田優 1:39.1 アタマ 51.7 404
(0)
清水出美
(栗東)
友駿ホースクラブ
10 2 3 コクサイリーベ 牝3 3 55 松本達也 1:39.4 2 52.2 462
(0)
新関力
(美浦)
鮫川三千男
11 1 2 エレクトロアート 牝3 12 55 田面木博公 1:39.5 1/2 52.2 406
(-12)
高松邦男
(美浦)
貞文
12 6 14 リバルドサキ 牝3 16 55 西橋昇 1:39.9 2 1/2 51.9 436
(-6)
梅田康雄
(栗東)
河野保雄
13 7 15 サザンビーナス 牝3 14 55 松永幹夫 1:40.5 3 1/2 54.0 424
(-6)
崎山博樹
(栗東)
南重利
14 5 9 アイテイサクラ 牝3 13 55 須貝尚介 1:40.5 ハナ 53.1 414
(-4)
庄野穂積
(栗東)
伊藤忠夫
15 7 17 ピレネー 牝3 17 55 清水英次 1:40.5 クビ 52.9 460
(-2)
久恒久夫
(美浦)
島田稲太郎
16 6 12 コウユーアサミ 牝3 18 55 田島信行 1:41.7 7 53.9 414
(0)
領家政蔵
(栗東)
加治屋康雄
17 1 1 カミノテンホー 牝3 11 55 猿橋重利 1:41.9 1 1/2 55.0 456
(-4)
工藤嘉見
(栗東)
山本幸弘
18 5 10 ワンモアウイズミー 牝3 15 55 山田和広 1:42.0 1/2 55.0 480
(-12)
渡辺栄
(栗東)
松井一三

払戻金詳細

単勝 18 220円 1番人気
複勝 18 130円 1番人気
4 280円 7番人気
13 210円 2番人気
枠連 2-8 620円 2番人気

備考

ここまで7戦5勝、前走ペガサスステークスでも、牡馬相手に勝利したシャダイカグラが、圧倒的1番人気に応えて優勝しました。

大外となる18番枠での出走が、不利になると懸念されつつも。

スタートでまさかの出遅れで、最後方からの競馬となりますが、道中徐々に内に移動。

直線では、一度先頭に抜け出したホクトビーナスを、アタマ差とらえて勝利しました。

鞍上の武豊騎手は、牝馬クラシック初制覇。

武豊騎手の冷静沈着なレース運びは大きな反響を呼び、わざとシャダイカグラを出遅れさせたとも言われ、語り草となっています。