概要

  • 開催日:1950年5月5日(金)
  • 競馬場:中山競馬場
  • 距離:2000m
  • 天気:雨
  • 馬場状態:芝・不良
  • 優勝馬:クモノハナ

全着順

※馬齢は全て現在の表記で統一しています。

着順 馬番 枠番 馬名 性齢 人気 斤量 騎手 タイム 着差 調教師 馬主
1 5 8 クモノハナ 牡3 4 57 橋本輝雄 2:11.1 鈴木勝太郎
(東京)
北竹清吾
2 3 3 ハイレコード 牡3 2 57 中村広 4 武田文吾
(京都)
山田常太郎
3 2 2 ハリウツド 牡3 10 57 岩下密政 2 田中和一郎
(東京)
遠田光子
4 4 6 アヅマホマレ 牡3 1 57 八木沢勝美 クビ 尾形藤吉
(東京)
岩崎新太郎
5 6 9 トキノセフト 牡3 5 57 阿部正太郎 アタマ 田中和一郎
(東京)
永田雅一
6 6 10 ミナトクヰン 牝3 9 55 田中康三 稲葉秀男
(中山)
小川虎三
7 5 7 タカクラヤマ 牡3 3 57 橋田俊三 坂本勇次郎
(京都)
平島五郎
8 3 4 ハタカゼ 牡3 7 57 保田隆芳 尾形藤吉
(東京)
癸生川善松
9 4 5 ハンレイ 牡3 8 57 高橋英夫 鈴木信太郎
(中山)
中村正行
10 1 1 キミガヨ 牡3 6 57 蛯名武五郎 藤本冨良
(東京)
門井鍋四郎

払戻金詳細

単勝 8 860円
複勝 8 260円
3 170円
2 1,060円
枠連 5-3 1,170円

備考

雨の中、不良馬場となった中山競馬場。

1番人気のアヅマホマレが4着に敗退。

優勝したのは、重馬場巧者の4番人気のクモノハナでした。

2着に入った2番人気のハイレコードを4馬身引き離しての圧勝。

この後、日本ダービーも制し、2冠を達成します。

なお、ハイレコードは後の菊花賞馬、7着のタカクラヤマと8着のハタカゼは、ともに後の天皇賞馬となります。