概要

  • 開催日:1976年4月11日(日)15時20分
  • 競馬場:阪神競馬場
  • 距離:1600m
  • 天気:曇
  • 馬場状態:芝・良
  • 優勝馬:テイタニヤ

全着順

※馬齢は全て現在の表記で統一しています。

着順 枠番 馬番 馬名 性齢 人気 斤量 騎手 タイム 着差 調教師 馬主
1 3 5 テイタニヤ 牝3 2 55 嶋田功 1:36.7 稲葉幸夫
(東京)
原八衛
2 5 12 クインリマンド 牝3 3 55 久保一秋 1:36.9 1 1/2 吉永猛
(栗東)
伊藤忠雄
3 4 10 キミノダービー 牝3 8 55 柴田政人 1:37.1 1 高松三太
(白井)
東京軽種馬株式会社
4 7 19 タイシオリ 牝3 6 55 須貝四郎 1:37.2 1/2 橋田俊三
(栗東)
有限会社名鯛興業
5 7 18 ベロナスポート 牝3 4 55 菅原泰夫 1:37.4 1 1/2 森末之助
(東京)
有限会社
ターフ・スポート
6 5 11 ヤマカツクイン 牝3 7 55 小島貞博 1:37.4 アタマ 戸山為夫
(栗東)
山田博康
7 2 4 スカッシュソロン 牝3 1 55 横田吉光 1:37.5 3/4 古賀嘉蔵
(中山)
飯田正
8 1 2 メイジガルボ 牝3 10 55 中野渡清一 1:37.8 1 3/4 本郷重彦
(東京)
合資会社明治牧場
9 6 15 ピンクスター 牝3 9 55 清水英次 1:37.9 アタマ 小川佐助
(栗東)
高田久成
10 3 7 クモハタチェリー 牝3 17 55 中島啓之 1:37.9 ハナ 伊藤竹男
(中山)
矢部一三
11 6 14 メイショウグリーン 牝3 14 55 川端義雄 1:38.0 1/2 高橋直
(栗東)
松本好雄
12 1 1 スズカオーヒメ 牝3 13 55 稲部和久 1:38.1 アタマ 諏訪佐市
(栗東)
永井啓弐
13 2 3 カミノロウゼン 牝3 11 55 久保敏文 1:38.1 アタマ 工藤嘉見
(栗東)
野上政次
14 6 16 ツキセツ 牝3 5 55 福永洋一 1:38.1 ハナ 福島角一
(栗東)
栗田数一
15 8 20 ファインリボー 牝3 20 55 中島敏文 1:38.4 2 瀬戸口勉
(栗東)
吉田久博
16 3 6 テンザンラブ 牝3 16 55 武田悟 1:38.7 2 夏村辰男
(栗東)
平野三郎
17 8 21 セントモーリス 牝3 21 55 松田幸春 1:38.7 アタマ 大久保正陽
(栗東)
山本慎一
18 4 8 ジョータカバル 牝3 19 55 二ツ森馨 1:38.9 1 1/2 渋川久作
(栗東)
上田けい子
19 8 22 アイアンポーラ 牝3 18 55 西浦勝一 1:39.7 5 柳田次男
(栗東)
西田悦子
20 5 13 ホクザンラッキー 牝3 15 55 柴田政見 1:40.1 2 1/2 柴田不二男
(栗東)
木本弘孝
21 4 9 ホクエイフブキ 牝3 12 55 武邦彦 1:40.1 アタマ 久恒久夫 田中良一
22 7 17 サンイチバン 牝3 22 55 高橋隆 1:42.1 大差 大久保石松
(栗東)
吉田宏

払戻金詳細

単勝 5 340円
複勝 5 160円
12 380円
10 410円
枠連 3-5 970円

備考

前走阪神4歳牝馬特別を含む4連勝中のスカッシュソロンが、1番人気。

ほとんど差がなく、前走クイーンカップを勝利したテイタニヤが2番人気。

拮抗する人気で2強対決と目されましたが、優勝したのはテイタニヤでした。

出遅れながらも、直線で力強く抜け出し、2着のクインリマンドに1馬身半差をつけて勝利しました。

スカッシュソロンは7着に敗退。

テイタニヤは次走オークスも勝利し、2冠に輝きます。

スカッシュソロンは、後に安田記念を制することになります。