概要

  • 競馬場:中山競馬場
  • 発走日時:1970年12月13日(日)
  • 距離:1600m
  • 天気:晴
  • 馬場状態:芝・不良
  • 優勝馬:オンワードガイ

全着順

※馬齢は全て現在の表記で統一しています。

着順 枠番 馬番 馬名 性齢 人気 斤量 騎手 タイム 着差 調教師
1 1 1 オンワードガイ 牡2 5 53 蓑田早人 1:39.8 森末之助
(東京)
2 7 10 カツタイコウ 牡2 3 53 野平祐二 4 柄崎義信
(中山)
3 6 7 ヤシマライデン 牡2 1 53 伊藤正徳 アタマ 尾形藤吉
(東京)
4 8 11 ラファール 牝2 12 52 中島啓之 1 3/4 稲葉幸夫
(東京)
5 4 4 スズランパス 牝2 2 52 郷原洋行 ハナ 西塚十勝
(中山)
6 2 2 ベルワイド 牡2 4 53 加賀武見 10 阿部正太郎
(東京)
7 8 12 ミミーオブパール 牡2 11 53 嶋田功 2 見上恒芳
(東京)
8 3 3 バルビフォンテン 牡2 6 53 内田守 クビ 西塚十勝
(中山)
9 7 9 ヒカリストラー 牡2 9 53 増沢末夫 1/2 浅野武志
(東京)
10 6 8 ヒダプリンス 牡2 8 53 吉永正人 3/4 松田由太郎
(京都)
11 5 6 パワーエクスプレス 牡2 7 53 丸目敏栄 2 柄崎義信
(中山)
12 5 5 キクノタイヨー 牝2 10 52 池之上豊 3 1/2 土田順三
(中山)

備考

5番人気のオンワードガイが優勝しました。

関東のエースとして、翌年のクラシック候補として注目されることになります。

道悪の巧者として「雨女」の異名をとり、牝馬ながら安田記念などを勝利した歴戦の強者・ラファールが4着。

また、後の第65回(1972年)天皇賞(春)優勝馬・ベルワイドが6着という結果でした。