概要

  • 競馬場:東京競馬場
  • 発走日時:2005年11月27日(日)15時20分
  • 距離:2400m
  • 天気:晴
  • 馬場状態:芝・良

全着順

着順 枠番 馬番 馬名 性齢 人気 斤量 騎手 タイム 着差 上り
(推定)
馬体重
(増減)
調教師 馬主
1 7 14 アルカセット 牡5 3 57 L.デットーリ 2:22.1 (レコード) 34.8 496
(0)
L.クマーニ
(英国)
M.チャールトン
2 8 16 ハーツクライ 牡4 2 57 C.ルメール 2:22.1 ハナ 34.4 496
(+6)
橋口弘次郎
(栗東)
社台レースホース
3 4 8 ゼンノロブロイ 牡5 1 57 K.デザーモ 2:22.4 1 3/4 34.7 508
(+8)
藤沢和雄
(美浦)
大迫久美子
4 3 5 リンカーン 牡5 9 57 武豊 2:22.4 ハナ 35.0 472
(-2)
音無秀孝
(栗東)
近藤英子
5 3 6 ウィジャボード 牝4 5 55 ファロン 2:22.4 クビ 35.3 456
(0)
E.ダンロップ
(英国)
ダービー卿
6 7 13 サンライズペガサス 牡7 15 57 蛯名正義 2:22.6 1 1/2 34.7 484
(+6)
石坂正
(栗東)
松岡隆雄
7 5 10 ヘヴンリーロマンス 牝5 8 55 松永幹夫 2:22.7 1/2 35.5 508
(-2)
本正司
(栗東)
ノースヒルズマネジメント
8 6 12 バゴ 牡4 6 57 T.ジレ 2:22.8 1/2 35.3 488
(0)
J.ピース
(仏国)
ニアルコス・ファミリー
9 8 17 スズカマンボ 牡4 10 57 安藤勝己 2:22.9 クビ 34.9 488
(+8)
橋田満
(栗東)
永井啓弍
10 1 2 タップダンスシチー 牡8 7 57 佐藤哲三 2:23.1 1 1/4 37.3 510
(-10)
佐々木晶三
(栗東)
友駿ホースクラブ
11 2 4 アドマイヤジャパン 牡3 4 55 横山典弘 2:23.2 3/4 36.0 478
(+4)
松田博資
(栗東)
近藤利一
12 4 7 ベタートークナウ セ6 11 57 ドミンゲ 2:23.4 1 1/4 35.7 426
(0)
G.モーション
(米国)
ブッシュウッドレーシングパートナー
&F.セキグチLP
13 2 3 ウォーサン 牡7 16 57 J.スペンサー 2:23.4 ハナ 35.8 480
(0)
C.ブリテン
(英国)
S.マナナ
14 6 11 コスモバルク 牡4 12 57 D.ボニヤ 2:23.5 1/2 36.6 500
(+4)
田部和則
(北海道)
岡田美佐子
15 1 1 マイソールサウンド 牡6 18 57 本田優 2:24.0 3 35.6 470
(0)
西浦勝一
(栗東)
佐野清
16 7 15 キングスドラマ セ5 13 57 E.プラード 2:25.0 6 37.8 508
(0)
R.フランケル G.タナカ
17 8 18 ビッグゴールド 牡7 17 57 和田竜二 2:25.6 3 1/2 38.6 468
(+2)
中尾正
(栗東)
ビッグ
18 5 9 ストーミーカフェ 牡3 14 55 四位洋文 2:25.7 3/4 39.3 490
(+6)
小島太
(美浦)
西川恭子

払戻金詳細

単勝 14 1,060円 3番人気
複勝 14 260円 4番人気
16 180円 2番人気
8 110円 1番人気
枠連 7-8 2,020円 8番人気
馬連 14-16 3,310円 10番人気
ワイド 14-16 1,130円 11番人気
8-14 450円 3番人気
8-16 310円 1番人気
馬単 14-16 6,330円 17番人気
3連複 8-14-16 1,850円 2番人気
3連単 14-16-8 15,450円 37番人気

備考

昨年秋古馬3冠を達成し、前走天皇賞(秋)でわずかの差で2着と惜敗したゼンノロブロイがここでも断トツの1番人気に支持されました。

この年勝ち星がないものの、宝塚記念などを2着している実力馬・ハーツクライが2番人気。

さらに、この年にサンクルー大賞を優勝したイギリスのアルカセットが3番人気と続きました。

その他、G1馬が10頭という豪華なメンバーとなりました。

レースは道中、人気の3頭が中団から後方にかけてそれぞれをけん制し合うような状態。

直線に入ると、タップダンスシチーが逃げ粘るところを、大外からゼンノロブロイが鋭く伸びて交わし先頭に立つ勢い。

しかし、その内から抜けだしたアルカセットがゼンノロブロイの前を譲らず、逆にゼンノロブロイを引き離しにかかります。

すると今後は、その内からハーツクライが急襲し、アルカセットに並びかけ、そのままほとんど同時に2頭がゴールイン。

結果、アルカセットがハーツクライをハナ差しのいで優勝しました。

勝ちタイムは、1989年のホーリックスの記録を16年ぶりに0.1コンマ更新する2分22秒1となるレコードを樹立。

また、ゼンノロブロイはここでも3着と惜敗し、一昨年の覇者・タップダンスシチーは10着と大敗しました。