概要

  • 競馬場:東京競馬場
  • 発走日時:2005年10月30日(日)15時40分
  • 距離:2000m
  • 天気:晴
  • 馬場状態:芝・良

全着順

着順 枠番 馬番 馬名 性齢 人気 斤量 騎手 タイム 着差 上り
(推定)
馬体重
(増減)
調教師 馬主
1 1 1 ヘヴンリーロマンス 牝5 14 56 松永幹夫 2:00.1 32.7 510
(-2)
山本正司
(栗東)
ノースヒルズ
マネジメント
2 7 13 ゼンノロブロイ 牡5 1 58 横山典弘 2:00.1 アタマ 32.7 500
(0)
藤沢和雄
(美浦)
大迫久美子
3 6 12 ダンスインザムード 牝4 13 56 北村宏司 2:00.1 クビ 33.3 468
(-4)
藤沢和雄
(美浦)
社台レースホース
4 3 5 アサクサデンエン 牡6 9 58 蛯名正義 2:00.3 1 33.2 496
(-6)
河野通文
(美浦)
田原源一郎
5 7 14 スイープトウショウ 牝4 4 56 池添謙一 2:00.4 1/2 32.8 464
(-2)
鶴留明雄
(栗東)
トウショウ産業
6 5 10 ハーツクライ 牡4 2 58 C.ルメール 2:00.4 クビ 32.8 490
(-6)
橋口弘次郎
(栗東)
社台レースホース
7 2 4 ハットトリック 牡4 11 58 O.ペリエ 2:00.5 クビ 32.6 490
(+2)
角居勝彦
(栗東)
キャロットファーム
8 6 11 ストーミーカフェ 牡3 15 56 四位洋文 2:00.6 3/4 34.1 484
(+2)
小島太
(美浦)
西川恭子
9 3 6 タップダンスシチー 牡8 6 58 佐藤哲三 2:00.6 ハナ 33.9 520
(+8)
佐々木晶
(栗東)
友駿ホースクラブ
10 4 7 ホオキパウェーブ 牡4 12 58 藤田伸二 2:00.6 ハナ 33.4 488
(0)
二ノ宮敬宇
(美浦)
金子真人
ホールディングス
11 8 18 バランスオブゲーム 牡6 16 58 田中勝春 2:00.7 クビ 33.8 470
(0)
宗像義忠
(美浦)
薗部博之
12 8 16 サンライズペガサス 牡7 5 58 後藤浩輝 2:00.7 クビ 33.4 478
(-8)
石坂正
(栗東)
松岡隆雄
13 1 2 スズカマンボ 牡4 8 58 安藤勝己 2:00.8 クビ 32.9 480
(-4)
橋田満
(栗東)
永井啓弍
14 7 15 テレグノシス 牡6 7 58 勝浦正樹 2:00.9 1/2 32.8 470
(-2)
杉浦宏昭
(美浦)
社台レースホース
15 2 3 リンカーン 牡5 3 58 武豊 2:00.9 クビ 32.8 474
(0)
音無秀孝
(栗東)
近藤英子
16 4 8 キングストレイル 牡3 10 56 福永祐一 2:01.1 1 1/4 32.7 486
(-2)
藤沢和雄
(美浦)
サンデーレーシング
17 8 17 アドマイヤグルーヴ 牝5 17 56 上村洋行 2:01.1 ハナ 33.3 466
(-8)
橋田満
(栗東)
近藤利一
18 5 9 メイショウカイドウ 牡6 18 58 幸英明 2:01.3 1 1/2 33.3 518
(+2)
坂口正大
(栗東)
松本好雄

払戻金詳細

単勝 1 7,530円 14番人気
複勝 1 1,350円 14番人気
13 130円 1番人気
12 970円 13番人気
枠連 1-7 2,200円 8番人気
馬連 1-13 12,340円 37番人気
ワイド 1-13 3,550円 35番人気
1-12 14,660円 102番人気
12-13 2,290円 24番人気
馬単 1-13 47,290円 101番人気
3連複 1-12-13 141,100円 239番人気
3連単 1-13-12 1,226,130円 1667番人気

備考

前年の覇者であり、連覇を狙うゼンノロブロイが断トツの1番人気に支持されました。

この年の宝塚記念2着のハーツクライが2番人気。

前走京都大賞典を勝利したリンカーンが3番人気と続きました。

レースは最後の直線で、最内を先頭で粘るダンスインザムードを外からゼンノロブロイが猛追。

ゼンノロブロイがダンスインザムードを交わしたかに見えたところで、両頭の間からヘヴンリーロマンスが急伸。

結果、優勝したのは14番人気のヘヴンリーロマンスでした。

前走の札幌記念を勝利したにもかかわらず、これがフロック視され、低評価に甘んじていましたが。

これをあざ笑うかのような、見事な勝利でした。

鞍上の松永幹夫騎手はウイニングランの後、観覧していた天皇・皇后両陛下に帽子を脱いで最敬礼。

牝馬による天皇賞(秋)制覇は、1997年のエアグルーヴ以来8年ぶりの快挙。

ゼンノロブロイは、わずかアタマ差で天皇賞(秋)連覇を逃しました。