概要

  • 競馬場:京都競馬場
  • 発走日時:1992年11月22日(日)15時35分
  • 距離:1600m
  • 天気:晴
  • 馬場状態:芝・良

全着順

※馬齢は現在の表記で統一しています。

着順 枠番 馬番 馬名 性齢 人気 斤量 騎手 タイム 着差 上り
(推定)
馬体重
(増減)
調教師 馬主
1 8 18 ダイタクヘリオス 牡5 2 57 岸滋彦 1:33.3 (レコード) 46.6 472
(-2)
梅田康雄
(栗東)
中村雅一
2 4 7 シンコウラブリイ 牝3 1 53 岡部幸雄 1:33.5 1 1/2 46.5 438
(-2)
藤沢和雄
(美浦)
安田修
3 4 8 ナイスネイチャ 牡4 4 57 松永昌博 1:33.7 1 46.4 494
(-4)
松永善晴
(栗東)
豊嶌正雄
4 6 11 ヌエボトウショウ 牝5 7 55 角田晃一 1:34.0 2 46.6 492
(-4)
渡辺栄
(栗東)
トウショウ産業
5 5 9 ヤマニンゼファー 牡4 3 57 田中勝春 1:34.0 クビ 47.1 450
(+4)
栗田博憲
(美浦)
土井宏二
6 3 5 スプライトパッサー 牝5 9 55 柴田政人 1:34.1 クビ 46.9 434
(-12)
高松邦男
(美浦)
ホースマン
7 2 3 シンホリスキー 牡4 15 57 安田隆行 1:34.2 3/4 47.3 550
(+6)
岩元市三
(栗東)
林幸雄
8 1 2 ムービースター 牡6 5 57 武豊 1:34.2 アタマ 46.4 434
(+6)
坪憲章
(栗東)
吉田照哉
9 6 12 イクノディクタス 牝5 10 55 村本善之 1:34.3 クビ 47.6 462
(-2)
福島信晴
(栗東)
勝野憲明
10 2 4 トシグリーン 牡5 6 57 河内洋 1:34.5 1 47.2 482
(-2)
柳田次男
(栗東)
上村孝輝
11 7 14 タイトゥルー 牝3 12 53 南井克巳 1:34.5 アタマ 47.4 454
(-2)
橋田満
(栗東)
名鯛興業
12 3 6 ユーセイフェアリー 牝5 17 55 田島信行 1:34.5 アタマ 46.6 410
(+12)
日迫良一
(栗東)
アサヒクラブ
13 1 1 ミスタースペイン 牡4 8 57 石橋守 1:34.8 2 47.5 478
(-6)
橋口弘次郎
(栗東)
架谷外茂次
14 5 10 ステイジヒーロー 牡6 13 57 武永祥 1:34.9 クビ 47.8 474
(0)
田中章博
(栗東)
大原詔宏
15 7 13 ヤマノカサブランカ 牝4 14 55 田原成貴 1:35.1 1 1/4 47.5 448
(+4)
中村好夫
(栗東)
山住れい子
16 8 17 ディクターガール 牝6 11 55 岡潤一郎 1:35.2 クビ 47.5 430
(+2)
宮本悳
(栗東)
北川威
17 8 16 エイシンオレゴン 牡3 18 55 熊沢重文 1:35.5 1 3/4 48.2 502
(-6)
内藤繁春
(栗東)
平井豊光
18 7 15 ホリノウイナー 牡5 16 57 内田国夫 1:35.6 3/4 48.9 482
(-6)
武邦彦
(栗東)
堀内正男

払戻金 詳細

単勝 18 500円 2番人気
複勝 18 180円 2番人気
7 160円 1番人気
8 190円 3番人気
枠連 4-8 580円 1番人気
馬連 7-18 1,090円 1番人気

備考

重賞を含む4連勝中で、富士ステークス1着から連闘で臨んだシンコウラブリイが1番人気。

前年の覇者であり、毎日王冠1着→天皇賞(秋)8着のダイタクヘリオスが2番人気。

この年の安田記念を制したヤマニンゼファーが3番人気と続きました。

レースは、最終コーナーでダイタクヘリオスが先頭に立つと、そのまま一気にスパート。

直線に入っても、その脚色は衰えることなく、楽々と1着でゴールイン。

レコードタイムでの優勝で、昨年に続きマイルチャンピオンシップ2連覇を果たしました。

シンコウラブリイは1馬身半差の2着。

ヤマニンゼファーは5着という結果でした。